トップページ

ZARD坂井泉水、体重30キロの壮絶!余命2ヶ月だった!伝説の写真、画像あり。

ZARDの坂井泉水さんが亡くなって1週間余りが過ぎた。過去のCD作品がオリコンアルバムチャート上位に続々ランクインしている。それほど偉大だった彼女を、突然襲った病気は“子宮頸がん”。実は、体重が30キロまで落ち、余命2ヵ月と宣告されていたと今週発売の「週刊女性」が報じている…

Zard3

伝説のAV出演画像はこちらから!!

「肺に転移してからが早かったんです。今年4月の再入院の際、精密検査の結果“余命2ヵ月”と親族にだけ伝えられたそうです。まだ若かったですから、それだけ病魔の進行するスピードも・・・」(坂井さんの知人)坂井さん本人に、本当の病状は知らされていなかった、という。ガンという病気は、本来、絶対安静が進行を食い止める手立てとされている。だが、自分の病状を知らない坂井さんは、早い回復と復帰を目指して“体力を落とさないように”と、体調のいい日には散歩を欠かさなかった。ベットの上で、思いついたフレーズや歌詞をノートに書きとめてもいた。まるで、創作活動を心の支えにするかのように・・・。

Zard_1

蒲池幸子時代の写真集はこちらからご覧ください。

元気だったころの坂井さんの体重は43キロ前後だったという。しかし、「再入院してからは、急に体重が減って・・・。亡くなる間際には30キロちょっとまでやせ細ってしまい、歩くときも力なくて、慎重に1歩1歩確認しながら。治療の影響で、髪の毛が抜けてしまったのも気にしている様子で、帽子をかぶることも多かったですね。これも治療の影響なので仕方ないのですが、顔もむくみがちになってしまうんです。“鏡を見るとタメ息でちゃう”って漏らしていたそうで、うすうす本当の病状に、お気づきになっていたようでした。本当に残念です。。。

Zard_2

坂井さんがなくなる直前に撮った写真はこちら!

|

トップページ